« 白血病薬アレムツズマブ、多発性硬化症にも効果 ケンブリッジ大報告 | トップページ | ES細胞から大脳組織 »

2008年10月28日 (火)

法医学者がいなくなる

日経メディカル ブログ:竹中郁夫の「時流を読む」
2008. 10. 24
法医学者がいなくなる…?佐賀県ではすでにゼロ

 こんなところでも、医療崩壊が進んでいます。

 つい先日、東京で妊婦がたらい回しにあって、
亡くなってしまった事件がありましたね。

 本当に、残念な、痛ましい出来事ですが、
起こるべくして起こってしまった事件と思います。

 どうして、政治家の動きは、遅いのでしょうか?

 何事にも、改善には、時間がかかります。

 野党は、ずっと前から、医師不足だと
言ってきたはずですが、それをずっと
無視してきたのは与党だという認識です。
 間違ってますか?
 医師数は、増加している。
 単に、偏在しているだけだと、


 皆が、足りないと言い出してからでは、
遅すぎるのです。

 情けない話です。
 
 「かいぜん」に全力を尽くしてください。
 見ています。
 
 「かいぜん」とは、
 Continuous improvement
 です。
 継続しなくしては何事も、なし得ません。
 
 
 
 

|

« 白血病薬アレムツズマブ、多発性硬化症にも効果 ケンブリッジ大報告 | トップページ | ES細胞から大脳組織 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/42930773

この記事へのトラックバック一覧です: 法医学者がいなくなる:

« 白血病薬アレムツズマブ、多発性硬化症にも効果 ケンブリッジ大報告 | トップページ | ES細胞から大脳組織 »