« 答の無い問題に向き合い続ける | トップページ | 法医学者がいなくなる »

2008年10月25日 (土)

白血病薬アレムツズマブ、多発性硬化症にも効果 ケンブリッジ大報告

 リンクはこちら

>【10月23日 AFP】英ケンブリッジ大(University of Cambridge)
>の研究チームは23日、白血病治療用に開発された
>薬剤アレムツズマブが、多発性硬化症(MS)にも効果がある
>との発見を報告した。
>多発性硬化症の進行を阻止するだけでなく、回復も促進するという。

>英国最大の患者支援団体、多発性硬化症協会(MS Society)
>の主任研究員リー・ダンスター(Lee Dunster)氏は、
>今回の試験結果に対し、市販薬として承認を受ける
>までにはさらなる研究が必要だとしながらも
>「MS治療で病状の進行を止める可能性がある薬は初めて。
>(アレムツズマブは)さらに機能回復効果もあるという。
>毎日症状に苦しんでいる人たちにとって、この上ない朗報だ」
>と歓迎を表明した。(c)AFP/Alice Ritchie

 素晴らしいですね、期待しています。

|

« 答の無い問題に向き合い続ける | トップページ | 法医学者がいなくなる »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/42896954

この記事へのトラックバック一覧です: 白血病薬アレムツズマブ、多発性硬化症にも効果 ケンブリッジ大報告:

« 答の無い問題に向き合い続ける | トップページ | 法医学者がいなくなる »