« 地方の医師不足、その本当の原因とは? | トップページ | ウイルス使わずiPS細胞作成 »

2008年10月14日 (火)

人は変えられない、目標は伝わらない

人は変えられない、目標は伝わらない。
そんな時は“心のスイッチ”を入れましょう
2008年10月9日 木曜日 漆 紫穂子

>1)人は変えられない
>2)目標は伝わらない
>3)人は管理できない

 同感です。
 その通りだと思います。

>自分を変えることでさえ難しいのに、
>人を変えようと思うことは、
>おこがましいことだと学びました。

>モチベーションのスイッチが入るような
>環境を整えていくことが、大切なのだと思っています。

>スイッチが入らなければ人は変わらないのと同じく、
>人から与えられた目標では人は動かない
>のではないでしょうか。

>職場で「部下はなぜ自分の言うことを
>なかなか分かってくれないのだろう」と
>イライラすることがあると思います。

>それは、相手も自分も、「100%自分が正しい」
>と思っているからだと思うのです。
>自分は「100%Aだ」と思っている時に
>相手から「Bだ」と押しつけられても
>心から従うことは難しいでしょう。
>「目標は伝わらない」のです。

>「仕事を大切に思っている人ほど目標にこだわりが生まれる」
>ようです。

>「人から与えられた目標は自分の目標にならない」
>ということが痛いほどよく分かりました。

>そこで、全員でミッション、ビジョン、バリュー
>をつくることにしたのです。

>「人は管理できない」ということについてですが、
>これも「人は変えられない」のと同じです。
>人を管理しようとか心を変えよう、
>能力を開発しようという考えは、
>そもそもおこがましいのかもしれません。
>先ほどもお話ししたように、
>人をどうこうしようとするのではなく、
>環境が変わることで行動が変わり、
>気持ちが変わっていくという順番なのではないでしょうか。

 まさにその通りだと思います。
 私も、このことを基本として
行動して行こうと思います。

|

« 地方の医師不足、その本当の原因とは? | トップページ | ウイルス使わずiPS細胞作成 »

学んだこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人は変えられない、目標は伝わらない:

« 地方の医師不足、その本当の原因とは? | トップページ | ウイルス使わずiPS細胞作成 »