« 「がん患者の語り」データベース | トップページ | 軟骨再生 »

2008年8月29日 (金)

大阪で第7回国際法医学シンポジウム

自国開催なのに演題ゼロ 日本はAi後進国?
2008. 8. 27
(海堂尊の「死因不明でいいんですか?」)

 良く考えなければなりませんね。
 日本の医療をどうしていくのが最も日本らしいのか?

 解剖率の低さには、確かに愕然としますが、
今の日本の体制では、いかんともしがたいものがあります。

 素人目にも、事件性がありそうな事柄に対して
事件性はないとして、処理する警察の対応は特にひどい! 
 無責任極まるものがあると思います。
 怠慢ですか? (ちょっと言い方がきついですか?)
 警察が判断しなければ進まないのに、
 許し難いのが、クレームに対して公然と、対応には
落ち度がなかったと言い張ること。
 言い訳のできないケースは別として。

 怒りを通り越して、やりきれなさを感じます。

 被害を受けた多くの人達が、くやしい思いをしているに
違いありません。

 たしかに、外国のまねばかりではダメだと思います。
 残念ながら改善は、一歩一歩、少しずつしか進みません。
 歩みは、前進あるのみです。
 後退はダメです!

|

« 「がん患者の語り」データベース | トップページ | 軟骨再生 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/42312636

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪で第7回国際法医学シンポジウム:

« 「がん患者の語り」データベース | トップページ | 軟骨再生 »