« 「使い回し」問題に見る厚労省のダメさとマスコミの怖さ | トップページ | Ai科研費研究の行く末を予見する »

2008年7月13日 (日)

T細胞の過剰な活性化を抑制する新規メカニズムを発

                     独立行政法人 理化学研究所
----------------------------------------------------
T細胞の過剰な活性化を抑制する新規メカニズムを発見
- T細胞受容体複合体の分解機構が世界で初めて明らかに - 
                           平成20年7月11日                               

 少しずつですが、明らかになってきていること、
本当にうれしく思います。

 免疫システムは本当に複雑ですね。
 再生医療が進歩してきている今では、
最後まで残るのは、免疫疾患治療かもしれませんね。
 
 数限りなくあると言っても良いですから、

|

« 「使い回し」問題に見る厚労省のダメさとマスコミの怖さ | トップページ | Ai科研費研究の行く末を予見する »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/41819499

この記事へのトラックバック一覧です: T細胞の過剰な活性化を抑制する新規メカニズムを発:

« 「使い回し」問題に見る厚労省のダメさとマスコミの怖さ | トップページ | Ai科研費研究の行く末を予見する »