« 「ローテク電子政府」に賛同する | トップページ | ES細胞使い視力回復・聖マリアンナ医大、マウスで成功 »

2008年3月11日 (火)

日経メディカル ブログ 海堂尊の「死因不明でいいんですか?」

2008. 3. 8
トチ狂っている警察庁

 海堂先生の意見に同感です。

 警察庁が、解剖医の育成協力を法医学会に要望した
報道がでたようです。

 でも、
>そもそも法医学会に解剖医を増加させる手だてを
>打てる力など、あるはずがない。
>医療界に働きかける力は、医療分野に属さず、
>捜査部門に属している法医学会にはないのです。
>見当違いもはなはだしい。
>もっと必要とされている救急救命医や
>産婦人科医の増加もできないのに、
>解剖医を増やせるはずはない。
>物事には優先順位というものがあるのです。

 ごもっともです。
 こんな簡単な理屈がわからないのでしょうか?
 そもそも、日本法医学会の中園一郎理事長は、
解剖体制整備への協力を求める要望書を受け取るべき
ではないのです。
 出来ないのですから、

>国策として、官僚が医師数の抑制政策を
>続けている限り、解剖医を増加させる対応は
>不可能です。
>死者に対応できるゆとりは医療現場にはありません。
>そういう制度設計をしたのは、警察官僚のお仲間、
>財務省と厚生労働省のお歴々です。

 私もそう思います。
 優先順位としては、まず、必要とする医師、病院の
確保でしょうね。
 待遇も、
同時に出来れば、御の字ですが、できないでしょう。

要望する所が間違ってます。

|

« 「ローテク電子政府」に賛同する | トップページ | ES細胞使い視力回復・聖マリアンナ医大、マウスで成功 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/40464070

この記事へのトラックバック一覧です: 日経メディカル ブログ 海堂尊の「死因不明でいいんですか?」:

» 内部設計方法 [内部設計方法]
内部設計の段階に入ったときの作業目標は、各サブシステムのジョブの流れをプログラム単位に分割することにあります。 [続きを読む]

受信: 2008年3月11日 (火) 16時06分

« 「ローテク電子政府」に賛同する | トップページ | ES細胞使い視力回復・聖マリアンナ医大、マウスで成功 »