« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の投稿

2008年2月 9日 (土)

免疫司令塔・T細胞の分化を制御する核内転写因子ネットワークを解明

理化学研究所、免疫司令塔・T細胞の分化を制御する
核内転写因子ネットワークを解明

 本当に免疫メカニズムは複雑ですね。
 研究者の方々の努力に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

難病ALS 進行関与の細胞特定

難病ALS 進行関与の細胞特定、治療法開発に期待
2008年02月04日06時03分

>全身の運動神経が侵される難病
>「筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)」の進行に、
>神経細胞のネットワーク作りに重要とされるグリア細胞の
>うちの2種類が関係していることを、理化学研究所など
>のチームが突き止めた。

 すばらしいです。
 難病が1つでも少なくなるように、祈ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ES細胞から人の網膜細胞 再生医療実現へ一歩

ES細胞から人の網膜細胞 再生医療実現へ一歩
2008年02月04日03時00分

 再生医療は確実に進歩してますね。
 すばらしいです。
 臨床の場に出るのは、何年後でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラックホールの内部構造、解明へ

ブラックホールの内部構造、解明へ
- 超弦理論の予測をスパコンで検証 -
2008年1月16日

----------

>超弦理論が、一般相対性理論を素粒子の
>スケールまで拡張する究極理論として提唱されてから
>20年以上になるが、具体的な計算の難しさから、
>その実在性や有用性は明らかでなかった。
>本研究成果によりブラックホールの持つ性質が
>超弦理論によって理解できたことは、
>超弦理論の実在性を示すものである。

 ということらしいです。
 私には、詳細は、よくわかりませんが、
興味あり、というところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リチウムイオン電池の開発最前線に異変

リチウムイオン電池の開発最前線に異変
日米逆転か、自動車向け電池を巡る攻防
2008年1月15日 火曜日 白水 徳彦

------------

 日本は、ハイブリッド車で独壇場だと
思っていましたが、危ういのですね。

 なんにしても、一番であり続けることは
大変なことで、不断の努力がいかに大切なのかと
言うことを、改めて思いました。

 積極的な投資と努力を怠らず、頑張って
頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道路予算は地方を救わない

道路予算は地方を救わない
今こそ“麻薬”中毒の苦しみから抜け出す時
2008年2月1日 金曜日 宮田 秀明

 もっと論理的で、建設的な議論をしてもらいたい。
 道路特定財源がなくなると、開かずの踏切の対策が
できなくなる。とか、道路ができなくなる。とか、

 いままで何十年も何をしてきたのかと言いたい!

 優先順序の付け方が間違っていたということでは
ないのでしょうか?

 道路をつくれば、そのメンテナンスのために
永遠に費用がかかり続ける。
 必要と思われる道路は、あり続けると思う。

 今こそ、今までのやり方を変えなくてはいけない
のではないでしょうか?

 暫定ということがいつまでも続くというのは、
先進国として、信じがたいことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »