« 脊髄損傷の回復へ脳がんばる | トップページ | 「最低賃金」の引き上げと、生活保護費(基準額)の引き下げ »

2007年11月21日 (水)

人の皮膚から「万能細胞」

人の皮膚から「万能細胞」 再生医療に応用期待

 詳細はリンクを参照してください。

>人の皮膚細胞に遺伝子操作を加え、万能性を持つ
>胚(はい)性幹細胞(ES細胞)のように、
>さまざまな細胞に成長できる人工幹細胞をつくることに、
>京都大再生医科学研究所の山中伸弥教授らと
>米ウィスコンシン大のチームがそれぞれ成功し、
>21日付で発表した。

 素晴らしい!

 まだ、安全性の点で問題があるようで、
実際の治療に使用できるようになるまでには、
時間がかかると思われますが、
一日も早く、臨床応用が出来るようになることを
待ち遠しく思います。

|

« 脊髄損傷の回復へ脳がんばる | トップページ | 「最低賃金」の引き上げと、生活保護費(基準額)の引き下げ »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/17142585

この記事へのトラックバック一覧です: 人の皮膚から「万能細胞」:

« 脊髄損傷の回復へ脳がんばる | トップページ | 「最低賃金」の引き上げと、生活保護費(基準額)の引き下げ »