« 先延ばし | トップページ | 第III相試験に進んだのはわずか13% »

2007年9月23日 (日)

診療科の表記自由化

 厚生労働省は9/21、政令で定める38種類内でしか
認めていない診療科の表記規則を、大幅に緩和する
方針を明らかにした。
 以前出された方針は、逆で、38科から20科程度に再編する
ものでしたが、修正されました。
 
 
 修正内容の案によると、

 内科、外科、歯科のいずれかと併記すれば、
 ①臓器・体の部位
 ②症状・疾患
 ③患者の特性や診療方法
  から自由に表記できる。

 これにより、当初段階で同省が認めない方針だった
「心臓血管外科」「神経内科」なども可能となる。

 内科・外科と組み合わせずに単独で表記出来る科は、
同省が省令で規定するものに限る。

 ということになりそうです。

 そもそも、目的と、効果が曖昧な改訂であり、
むしろ、副作用の方が大きい改訂案だったのだから
当たり前だと考えます。

 厚生労働省には、直ぐにでも、改善していかなくては
いけない事柄(人命に関わる事項)が沢山あるのだから、
そのことに集中して頂きたい。

|

« 先延ばし | トップページ | 第III相試験に進んだのはわずか13% »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/16543941

この記事へのトラックバック一覧です: 診療科の表記自由化:

« 先延ばし | トップページ | 第III相試験に進んだのはわずか13% »