« 救急網に穴が多すぎる | トップページ | 月周回衛星「かぐや」(SELENE)の打上げについて »

2007年9月 4日 (火)

アレルギー反応を制御する新しい分子メカニズムを解明

アレルギー反応を制御する新しい分子メカニズムを解明

 詳細はリンクを参照ください。

 概要は以下になります。

>アレルギー反応と密接に関連したインターロイキン4
>の受容体が,抗原刺激に伴い一過性にその発現を低下させ,
>過剰なシグナルがヘルパーT細胞に伝わるのを未然に防ぐ
>メカニズムを,生体防御医学研究所の福井 宣規 教授らの
>研究グループが世界で初めて解明しました。
>この成果はアレルギー疾患の病態の解明につながるとともに,
>その対極に位置する移植片拒絶や自己免疫疾患といった
>免疫難病の治療法の開発に役立つと考えられます。

 新聞記事はこちらです。

 新しい発見ですね、うれしく思います。
 
 一刻も早く実際の治療に結びつくよう
期待しています。

|

« 救急網に穴が多すぎる | トップページ | 月周回衛星「かぐや」(SELENE)の打上げについて »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/16340269

この記事へのトラックバック一覧です: アレルギー反応を制御する新しい分子メカニズムを解明:

« 救急網に穴が多すぎる | トップページ | 月周回衛星「かぐや」(SELENE)の打上げについて »