« 月周回衛星「かぐや」(SELENE)打上げ成功 | トップページ | 先延ばし »

2007年9月21日 (金)

アルツハイマー病進行の仕組みを解明

アルツハイマー病進行の仕組みを解明 熊本大など
2007年09月21日12時23分

 詳細はリンクを参照してください。

>アルツハイマー病の治療に、神経細胞などの表面にある
>「受容体」というたんぱく質の活動を抑えることが有効
>とする研究結果を、熊本大、小野薬品工業(大阪市)などの
>研究チームが10日発表した。
>同病の治療は症状を和らげる対症療法的な
>ものにとどまっていたが、研究チームは、
>同社が開発している受容体の阻害薬を活用すれば
>根本的な治療薬の開発の可能性も高まるとしている。

 根本的な治療薬の開発に成功すると良いですね。

|

« 月周回衛星「かぐや」(SELENE)打上げ成功 | トップページ | 先延ばし »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/16523404

この記事へのトラックバック一覧です: アルツハイマー病進行の仕組みを解明:

« 月周回衛星「かぐや」(SELENE)打上げ成功 | トップページ | 先延ばし »