« 日本の外交文書公開 | トップページ | アレルギー反応を制御する新しい分子メカニズムを解明 »

2007年8月31日 (金)

救急網に穴が多すぎる

 前から問題があることは、わかっている
ことなのに、依然として改善されていない。

 朝日新聞の記事から、少し引用してみたい。

>一刻も早い手当が必要な妊婦がいるのに、
>引き受けてくれる病院がなかなか見つからない。
>そんな悲劇がまたも繰り返された。

>受け入れを打診された病院が、後になって
>今は受け入れられなので「後にしてほしい」
>といったが、断ったつもりはないという

 後になってとは、いつなら良いのか?
 一刻を争う時に、「後で」と言われた時に、
どう処理すべきなのか?
 断った積もりはないと言っても、
断ったことになるのではないか?
 疑問を感じます。

>こういった問題が起こるのは、
>人口当たりの産科医がたりないという
>こともある。
>しかし、東京や大阪などでも、いくつもの
>病院に断られたあげく、遠くまで
>搬送する例が珍しくない。

 私も、今回の問題だけでなく、この際、

>救急医療そのものを立て直すことも、
>考えた方がよい。

 と考えます。

 日本の救急制度は、どうなっているのか?
 救急というからには、一刻を争う、患者がいるのです。

 それに対応できないシステムで良いと思っている人は、
いないはず。

 アメリカのERでは、全てを受け入れていると
聞いています。

 厚労省は来年度予算の概算要求に医師不足対策費
160億円を盛り込んだようだが、速効性はない。

 お産や病気、けがを問わず、救急患者を24時間、
必ず、どこかの病院が引き受ける。
 そんな体勢を、今すぐに、地域の医療機関と病院が
連携して作り上げていただきたい。

|

« 日本の外交文書公開 | トップページ | アレルギー反応を制御する新しい分子メカニズムを解明 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/16295618

この記事へのトラックバック一覧です: 救急網に穴が多すぎる:

« 日本の外交文書公開 | トップページ | アレルギー反応を制御する新しい分子メカニズムを解明 »