« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の投稿

2007年8月31日 (金)

救急網に穴が多すぎる

 前から問題があることは、わかっている
ことなのに、依然として改善されていない。

 朝日新聞の記事から、少し引用してみたい。

>一刻も早い手当が必要な妊婦がいるのに、
>引き受けてくれる病院がなかなか見つからない。
>そんな悲劇がまたも繰り返された。

>受け入れを打診された病院が、後になって
>今は受け入れられなので「後にしてほしい」
>といったが、断ったつもりはないという

 後になってとは、いつなら良いのか?
 一刻を争う時に、「後で」と言われた時に、
どう処理すべきなのか?
 断った積もりはないと言っても、
断ったことになるのではないか?
 疑問を感じます。

>こういった問題が起こるのは、
>人口当たりの産科医がたりないという
>こともある。
>しかし、東京や大阪などでも、いくつもの
>病院に断られたあげく、遠くまで
>搬送する例が珍しくない。

 私も、今回の問題だけでなく、この際、

>救急医療そのものを立て直すことも、
>考えた方がよい。

 と考えます。

 日本の救急制度は、どうなっているのか?
 救急というからには、一刻を争う、患者がいるのです。

 それに対応できないシステムで良いと思っている人は、
いないはず。

 アメリカのERでは、全てを受け入れていると
聞いています。

 厚労省は来年度予算の概算要求に医師不足対策費
160億円を盛り込んだようだが、速効性はない。

 お産や病気、けがを問わず、救急患者を24時間、
必ず、どこかの病院が引き受ける。
 そんな体勢を、今すぐに、地域の医療機関と病院が
連携して作り上げていただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の外交文書公開

 朝日新聞の記事より、
 山本大輔、谷津憲朗
 
>透明性 米韓に遅れ

 透明性、透明性と、いつもいわれているのに
何に関しても、不透明な印象です。

 公文書について、扱いがこんなに
いい加減だったとは、知りませんでした。

>NPO「情報公開クリアリングハウス」は01年の
>情報公開法の施行前後に捨てられた中央省庁の
>文書の量を調べたことがある。
>「駆け込み」で00年度に最も多く捨てたのが
>外務省。1280トンと、98年の倍以上だった。

>こんな大量の廃棄が出来てしまうのは、
>作成・保存・廃棄・公開という
>「公文書の一生」をきめるのが、
>公文書を作った当事者の省庁だからだ。
中央省庁の文書管理を定める一般法も
ない。

>情報公開先進国の米国ではどうか。
>特徴的なのは、公文書記録管理局
>(NARA)が第三者として公文書の一生の
>始めからかかわり、評価を行っている点だ。

>「永久保存。5年後に中間書庫へ。30年後には
>国立公文書館へ」
>「不要になった時点で廃棄」

>こうした「記録処分スケジュール」を
>公文書にあらかじめつけることが
>連邦記録法で求められており、
>スケジュールはNARAが承認する。
>承認なく文書を捨てれば、罰金や禁固刑に
>問われる。

>韓国にも、公共記録物管理法があり、
>国家記録院が各省庁を指導・監督する
>権限を持っている。

>大宮法科大学院の早川和宏準教授は、
「行政文書は本来、国民のもの。
持ち主が見られるようにしておくという
当たり前のことが日本は出来ていない」
>と批判している。

>早川寿教授は、内閣府の懇談会は、04年
>海外の事例をふまえ、文書管理について、
>提言したようだが、
>こうした提言を支える文書管理法制が
>不可欠だと訴える。

 過去のことをなかったことに
してしまうようでは、過去の間違いを
又、犯すことになると考えます。

 「行政文書は本来、国民のもの。
  持ち主が見られるようにしておくという
  当たり前のことができていない」

 のが今の日本なのだということを
知りましょう。
 正しく自分を評価出来る国にしなければ、
美しい国など実現できません。

 美しい国にはほど遠いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住宅地の道路

木下 勇氏記事より
 千葉大大学院園芸学研究科教授
 こども環境学会評議委員

 
>さいたま市で集団登校中の小学2年生の
>男児が車にはねられて死亡した事件は、
>こどもをもつ親として胸を締め付けられる
>思いだった。
>しかも、加害者の車が、本来進入してはならない
>時間帯規則のスクールゾーンに進入したのだから
>割り切れない。

>警察もあわてて、監視の強化に取り組み
>だしたようだ。
>監視も重要であるが、もっと根本的な
>対策が必要である。

>それは何か。
>道路構造を速度が出ないように変え、
>住宅地内の道路で子供が遊べるような
>生活道路を位置づける道路法及び
>道路交通法の改正である。

>英国をはじめ欧州ではゾーン30という
>住宅地内の道路を時速30キロ以下にする
>区域指定が広がっている。

>北欧では、子供の発達心理学からいっても、
>その特性から、いくら安全教育を行っても
>限界があるとして、道路の構造を変えて
>車の速度を落とすように政策を変えた。

 飲酒運転でもそうですが、
規制、規則だけでは、限界があると
考えます。

 やろうとしても、出来ない。
フェイルセーフな仕組みが必要なのだと
思います。

>我が国でも、類似の事業も進められて
>いるが、一般に車中心の発想が根強い点
>が普及の障害になっている。

>丹念に地域で議論を重ねていく
>必要がある。

>別に車を止めるわけではない。
>速度を遅くするだけである。

>道路に人がでることによって
>こどもやお年寄りのコミュニケーション
>が活発になり、犯罪の抑止力にもなる
>可能性も開かれるのである。

 全く同感である。
 住宅地内の道路については、
車より、子供や、お年寄りなど、
人間の生活の場として位置づける
抜本的な法改正を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中性子星のそばの「時空のゆがみ」観測 米チーム

中性子星のそばの「時空のゆがみ」観測 米チーム

 詳細は、リンクを参照してください。

>アインシュタインが一般相対性理論で予言した
>「時空のゆがみ」が中性子星のそばで起こっている
>様子を、米ミシガン大などのチームがとらえた。
>日本のX線天文衛星「すざく」などの観測データから、
>「ゆがみ」の割り出しに成功した。

 時空のゆがみの測定に日本のX線天文衛星「すざく」が
貢献しているのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルツハイマー病の原因蛋白(たんぱく)が緑内障にも関与

アルツハイマー病の原因蛋白(たんぱく)が緑内障にも関与

詳細はリンクを見てください。

>今回の研究で、英ロンドン大学(UCL)の
>M. Francesta Cordeiro博士らは、
>緑内障を発症するよう操作したラットに対し
>アミロイド-βの生成経路を阻害する薬剤を
>使用したところ、眼の損傷が軽減し、
>網膜細胞の寿命が延長した。

と言うことです。

>米デューク大学(ノースカロライナ州)の
>Stuart J. McKinnon博士は、この研究の
>根底にある考え方は妥当とする一方で、
>低眼圧緑内障の優れた動物モデルがなく、
>今回の研究では、高眼圧にして緑内障を
>発症させたラットモデルを使用している点を指摘。
>評価は慎重にすべきと述べている。
>また、細胞死の原因も不明で、遺伝子の違いなのか、
>眼圧に対する感受性の差なのかもわかっていない。
>しかし、いずれにせよアミロイド-βを標的とする
>新しい治療法への道が開かれたことは確かであり、
>いずれはプラーク形成を予防するワクチン実現の
>可能性もあると専門家らは述べている。

 プラーク形成を予防するワクチン実現の
可能性に期待したいところです。

 緑内症に対する治療は、現在の所、
眼圧コントロール以外に有効な処置が
ないのが現状です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月22日 (水)

巨大ブラックホールの発見

 「ニュータイプ」巨大ブラックホールの発見

 詳細はリンクを見てください。
 新しい発見ですね。
 ブラックホールは見えないだけに、
ロマンをかき立てられますね。

 概要は、
 NASAのスウィフト衛星は、透過力のきわめて強い
「硬X線」(~10キロ電子ボルト以上のエネルギーをもつX線)
を用い、かつてない高感度で宇宙の全天マップを作成しつつある。
われわれ京大・愛媛大・NASAの国際共同チームは、
最近スウィフトによって新しく見つかった2つの硬X線源を、
日本のX線天文衛星「すざく」で精密に観測した。

その結果、
(1)これらの硬X 線が、近傍にある「一見、ふつうに見える銀河」
  の中心から来ていること、
(2)その正体が、大量の物質に埋もれていて光がほとんど
  外に洩れていない、今までに知られていなかった
  「ニュータイプ」巨大ブラックホールであることを
  世界で初めて明らかにした。

 この発見は、今までに見逃されていた「完全に隠された」
明るいブラックホールが宇宙に多量に潜んでいる可能性を示唆し、
宇宙の進化の理解にインパクトを与えるものである。

 ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弱者切り捨ての格差拡大〝ヤミの北九州方式〟とは?

 今日の朝日新聞の視点
 (北九州市立大非常勤講師:藤藪 貴治氏記事)
 でもとりあげられていました。

「過酷な、北九州方式の見直しを」
 と言う記事です。

 ご存じの方も多いと思いますが、
 一旦は受けていた生活保護を、
北九州市の乱暴な打ち切りにより、
その男性が死亡したという内容に
関するものです。

 就労が本当に可能なのかの調査もせず、
一方的に保護を打ち切るために、
「辞退届」をださせる。
 ひどい仕打ちだと思います。

 市職員に、申請書の交付は、月5枚まで、
 廃止ノルマは、年間5件などの「数値目標」
を課していたようです。

 元は、厚生労働省が出した、
「生活保護の手引き」による
厳しい就労指導によるらしいのですが、

 これが、美しい国の姿なのでしょうか?

 予算がないから、なにをしても良いという
ことでしょうか?

 政府の無駄を徹底的に無くしていけば、
解決出来そうな気がするのですが、
 もし、それでも出来なければ、
 きちんとその理由を説明し、
その内容が納得できるものであれば、
消費税upもやむを得ないことだと、
国民は、思っているのではないのでしょうか?

 緊急の問題が多すぎます。
 年金しかり、病院、介護、リハビリ、C型肝炎問題
 等々、沢山あります。
 鈍感に過ぎるように思います。
 
 こんな状態を放っておく、与党政治家の姿勢を
疑います。

 選挙で負けて当然です。
 国民は、もっと怒らないといけないと
思います。

 参考記事をリンクします。
 弱者切り捨ての格差拡大〝ヤミの北九州方式〟とは?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

北朝鮮より劣る? 日本の電子政府

日本の電子政府
2007年8月21日 火曜日 奥井 規晶

著者プロフィール
奥井 規晶(おくい・のりあき)

1984年、早稲田大学理工学部大学院修士課程終了後、
日本IBMに入社。システムエンジニアとして活躍後、
ボストン・コンサルティング・グループを経て、
アーサー・D・リトル(ジャパン)ディレクター、
シークエンシャル代表取締役、ベリングポイント
代表取締役などを歴任。2004年4月に独立。
現在、インターフュージョンコンサルティング会長。
早稲田大学大学院客員教授を経て、事業戦略、
営業戦略、組織改革などのコンサルティング、
ラジオのコメンテーター、講演、執筆などで
幅広く活躍。

--------

 とにかくリンクを見てください。
 なんと情けない話ではありませんか?
 北朝鮮より劣るそうです。

 システムは誰のためのものなのか、
よく考えていただきたい。

 目的は、どこにあるのか、
しっかり考察してください。

 私も、情報省(IT省)の誕生を願ってやみません。

 良い仕様のシステムを、随意契約ではなく、
一般競争入札で、正々堂々と競ってください。

 良いシステムを構築できるメーカを選択して、
ユーザの立場に立った、使い勝手の良いシステムを
構築してください。
 
 そして、徹底的に無駄を省いていただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

千の風になって

 良い歌ですね。

 思わず、CDを注文してしまいました。
 100万枚を突破しているようです。

 知ってはいましたが、
NHKの「千の風になってドラマスペシャル」
で気になりだして調べて見ました。

 こういう話があったようです。

 テロで犠牲になってしまった
青年の残した手紙の中に、

 ”誰も憎まないでください”
 という言葉の後に、千の風になっての
 原作となった詞がついていたそうです。

 原作の詞の内容は、歌とは、少し違う
ようですが、「千の風になって」は、
良い訳だと思います。

 心に残ったのは、”誰も憎まないでください”
と言う言葉。
 憎しみは、憎しみを生み、悪魔のサイクルに
陥ります。
 難しいことですが、是非心に刻んでおきたい。

 そして、「千の風になって」の詞。

 心に染みます。
  死について考えさせられます。
 そうなんだと思わずにはいられません。
 良い詞は、ずっと多くの人の心の中に残るでしょう。

 「千の風になって」の詩の原作者について
 興味があったら見てください。

 このページによると、この詞に対して作者の
メアリーさんは、自作の詩を出版する事も、
著作権を取る事もしなかった。

 「この詩は私だけのものじゃないの、皆のものよ。
  今でもそう思うの。これは、愛や安らぎについて
  書いたのよ、もし私がお金を受け取ったりしたら、
  意味が無くなるわ・・・。
  多分、いかれてるんでしょうね。」

と言っています。

 素晴らしいことでね。

 千の風については、
 
 千の風になって - Wikipedia
 を見てください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

泣くことを恥じないでください

 泣くことを恥じないでください

  ネイティブインディアンの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲しみととことん付き合いなさい

 悲しみととことん付き合いなさい
 そうすれば、そこから何かを得ることができるでしょう


  ネイティブインディアンの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

体内時計の変化が病的疲労をもたらす

2007年07月30日
【今日のニュース】体内時計の変化が病的疲労をもたらす

 詳細は、リンクを見てください。

>さまざまな疾患でみられる病的疲労は、
>疾患に関連する生化学的変化によって
>体内時計が乱れるために生じることが、
>新しい研究によって示唆された。

 と言うことです。
 内容は、以下のようなものです。

>自己免疫疾患における炎症反応で、
>炎症性サイトカイン(蛋白:たんぱく)
>である腫瘍壊死因子(TNF)-α(アルファ)
>の活性化がみられることに着目し、、

>TNF-αには、感染の病原体を排除する働きが
>あることが知られているが、今回の研究の結果、
>それだけでなく、時計遺伝子の発現を妨げる
>ことが示された。
>つまり、TNF-αは、身体の正常な睡眠覚醒リズム
>(生物学的時計)を逆転させる遺伝子に作用し、
>概日(circadian)時計が支配する覚醒と疲労の
>日内周期を乱す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »