« 免疫学研究や新薬開発の大型拠点 京大とアステラス製薬 | トップページ | ケチな改革が教育をダメにする 【後編】 »

2007年7月 5日 (木)

アルツハイマー兆候解明へ国際研究 国内施設と米欧豪

アルツハイマー兆候解明へ国際研究 国内施設と米欧豪
2007年07月04日08時01分

 詳細はリンクをみてください。
 沢山の人が苦しんでいるはずです。
 是非研究を進めて欲しいと思います。

>アルツハイマー病の早期治療と予防に向けて、
>兆候となる現象を脳の画像撮影や血液検査などで
>見つけようという研究が、今秋から国内25以上の施設で始まる。
>昨年、大規模な研究を始めた米国に同調し、
>欧州や豪州とともに国際共同研究として実施する。
>データを比べて世界共通の指標ができれば、
>治療法の効果が客観的に判定できるようになる。

|

« 免疫学研究や新薬開発の大型拠点 京大とアステラス製薬 | トップページ | ケチな改革が教育をダメにする 【後編】 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/15657669

この記事へのトラックバック一覧です: アルツハイマー兆候解明へ国際研究 国内施設と米欧豪:

« 免疫学研究や新薬開発の大型拠点 京大とアステラス製薬 | トップページ | ケチな改革が教育をダメにする 【後編】 »