« 教育“委員会”を再生せよ | トップページ | アルツハイマー兆候解明へ国際研究 国内施設と米欧豪 »

2007年7月 5日 (木)

免疫学研究や新薬開発の大型拠点 京大とアステラス製薬

免疫学研究や新薬開発の大型拠点 京大とアステラス製薬
Kyoto Shimbun 2007年7月3日(火)

 詳細はリンクをみてください。
 免疫疾患の病気で苦しんでいる人は、沢山います。
 是非、積極的に進めて欲しいと思います。

 苦しんでいる人の為を最優先にし、利益優先と
ならないように願っています。
 経済原理で動くのだから、難しいでしょうけれど、

>京都大とアステラス製薬(東京)は3日、
>基礎免疫学研究の成果から革新的な新薬を開発する
>大型研究プロジェクトを開始したと発表した。
>京大医学部の研究棟内に「創薬医学融合ラボ」を開設し、
>京大とアステラス製薬、国際公募の研究者による共同研究を
>10年かけて進め、「日本発の新薬」の臨床応用を目指す。
>大学と企業が1対1で創薬の大型拠点を作るのは、
>日本で初めて。

|

« 教育“委員会”を再生せよ | トップページ | アルツハイマー兆候解明へ国際研究 国内施設と米欧豪 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/15657656

この記事へのトラックバック一覧です: 免疫学研究や新薬開発の大型拠点 京大とアステラス製薬:

« 教育“委員会”を再生せよ | トップページ | アルツハイマー兆候解明へ国際研究 国内施設と米欧豪 »