« 高齢者の半分は在宅死を希望せず | トップページ | 寄生虫感染で多発性硬化症が軽減 »

2007年7月10日 (火)

日本の難民制度

 昨日、テレビのニュースで、トルコ、クルド人難民の話が
ありました。小さな子供がいる、3人家族のようでした。
子供も、親も、日本語が話せるようです。

 一次、父親は、収監されていました。

 どうしてですか?

 トルコで難民として迫害を受け、救いを求めて、
日本に来てまで、何故こんな仕打ちを受けなければ
いけないのでしょうか?
 人道的な問題ではないのでしょうか?

 結局、日本では認定されず、カナダが難民として認定。
 日本にはいられず、知る人が誰もいない、言葉も話せないかも
知れない、カナダに渡って行きました。

 日本は、好きなのに、、でも、と、言いながら、

 この人たちは、今後、日本について、どう思うようになるので
しょうか?

 国際化とか、国際貢献とか、
日本政府の人たちは、どう考えているのでしょうか?

 すごく考えさせられました。

 難民問題については、恥ずかしいことですが、
よく知りませんでした。

 このニュースを見ていて思ったことは、
なんと、日本という国は、冷たい国、
世界に対して、恥ずかしい国だったのかと、

 どうしてこんなことができるのかと思う。

 恥ずかしい限りです。

------------
 参考までにいくつかリンクをあげておきます。
 沢山あると思いますが。

1.<解説> 問題の根源・日本の難民制度・難民政策
2.Free JAMAL Campaign

|

« 高齢者の半分は在宅死を希望せず | トップページ | 寄生虫感染で多発性硬化症が軽減 »

経済・政治・国際ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の難民制度:

« 高齢者の半分は在宅死を希望せず | トップページ | 寄生虫感染で多発性硬化症が軽減 »