« ケチな改革が教育をダメにする 【後編】 | トップページ | 人体へのウイルス侵入 細胞内で察知の分子特定 »

2007年7月 7日 (土)

「制御性T細胞」目印のタンパク質発見

「制御性T細胞」目印のタンパク質発見
京大再生医科学研グループ
Kyoto Shimbun 2007年7月6日(金)

 免疫療法に関するニュースです。

>坂口教授は「従来の免疫療法は、攻撃的なT細胞と
>それを抑えるT細胞を区別せず増減させたり働きを
>抑えたので、確実ではなかった。
>人での働きを確かめ、新しい治療の開発につなげたい」
>と話している。

 免疫のメカニズムへの理解がさらに一歩進んだと
言うことですね。

|

« ケチな改革が教育をダメにする 【後編】 | トップページ | 人体へのウイルス侵入 細胞内で察知の分子特定 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

blogが大分専門的になってきましたね。
京大の動向は継続してウォッチしていた方がいいですね。
免疫に関して様々な研究開発をして成果を上げています。

投稿: dora | 2007年7月 7日 (土) 18時23分

コメントありがとうございます。

免疫疾患に対して、T細胞がらみの
研究は大きな比重を占めそうな感じですね。

まだまだ、知識がないので、心許ないのですが、
いろいろウオッチしていきたいと思っています。

京大の動向はウォッチしていた方が良いのですね。

投稿: haredasu | 2007年7月 8日 (日) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/15680832

この記事へのトラックバック一覧です: 「制御性T細胞」目印のタンパク質発見:

« ケチな改革が教育をダメにする 【後編】 | トップページ | 人体へのウイルス侵入 細胞内で察知の分子特定 »