« 人体へのウイルス侵入 細胞内で察知の分子特定 | トップページ | 処方せんは医者には書かせない »

2007年7月10日 (火)

どんな時にうつ状態を鑑別に入れるべきか

【連載第3回】
どんな時にうつ状態を鑑別に入れるべきか
2007. 7. 9

 詳細は、リンクを見てください。

 「うつ」と言っても、初期には、いろいろ症状が
出るのですね。

>軽症うつの患者の約80%がプライマリケア医、
>内科を受診するというデータもある。

 とのことですから、大変だとは、思いますが、
あらゆる可能性を考慮して、診断してください。

|

« 人体へのウイルス侵入 細胞内で察知の分子特定 | トップページ | 処方せんは医者には書かせない »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/15712514

この記事へのトラックバック一覧です: どんな時にうつ状態を鑑別に入れるべきか:

« 人体へのウイルス侵入 細胞内で察知の分子特定 | トップページ | 処方せんは医者には書かせない »