« サンゴ襲う「白い死線」 沖縄や豪州などで被害 | トップページ | メンタルヘルス講習会から »

2007年6月26日 (火)

パーキンソン病の遺伝子治療始まる

以前、日本でのニュースを掲載しましたが、

>自治医大病院(栃木県下野市)は7日、
>国内で初めてとなるパーキンソン病患者への
>遺伝子治療の臨床研究を開始したと発表した。

 下記は、アメリカでの記事です。
 詳細は、リンクを見てください。
 遺伝子治療が着実に進歩するよう、見守りたいと思います。

----------------
2007. 6. 23

 パーキンソン病の遺伝子治療始まる

 やはり、この方面の治療は着実に進歩している。
 米国各メディアが伝えている(「CBS news」、「YouTube」)。

 “脳のペースメーカー”という考え
(DBS;Deep brain stimulation)も興味深いが、遺伝子治療との
組み合わせで、さらに魅力ある分野となっているようである。

 アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターによるパーキンソン病
モデル動物の遺伝子治療(炎症・再生.2003;23:218-222.が
既に行われている。

 次が人への第1相試験ということか…。

|

« サンゴ襲う「白い死線」 沖縄や豪州などで被害 | トップページ | メンタルヘルス講習会から »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/15564401

この記事へのトラックバック一覧です: パーキンソン病の遺伝子治療始まる:

« サンゴ襲う「白い死線」 沖縄や豪州などで被害 | トップページ | メンタルヘルス講習会から »