« はしか流行で露呈したワクチンメーカーの脆弱さ | トップページ | 論文300万件をGoogle検索対象に »

2007年6月11日 (月)

ホッキョクグマを追い詰めたのは誰?

 ホッキョクグマを追い詰めたのは誰?
 “死の宣告”に等しい地球温暖化
 · 2007年6月11日 月曜日
 · 藤田 宏之
  教養  環境  温暖化 

 地球温暖化については、なんども取り上げてきましたが、
今日は、ホッキョクグマの話です。
 詳しくは、上記の記事を見てください。

 彼らにとって、現在進行している急激な地球温暖化と
それに伴う「大氷解」は、生活の基盤となる大地が消えて
いっているのと同じほど、深刻な問題なのだ。

 海氷がはぐくむ青と白の世界の美しさを忘れまじ。
 温暖化の痛手を最初に受けるのは、他ならぬ「極北の生命」なのである。
 地球の気温が上がり続ければ、海氷はおそらく消えてなくなる。
 氷のない北極など、土のない庭のようなもの。
 無機質で生命の気配が感じられない場所となってしまうだろう。

 ホッキョクグマがいなくなるのも時間の問題です。
 悲しいことです。

Photo

|

« はしか流行で露呈したワクチンメーカーの脆弱さ | トップページ | 論文300万件をGoogle検索対象に »

地球温暖化関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホッキョクグマを追い詰めたのは誰?:

« はしか流行で露呈したワクチンメーカーの脆弱さ | トップページ | 論文300万件をGoogle検索対象に »