« 余命3年と言われたら? | トップページ | 久間防衛相が辞任 »

2007年6月29日 (金)

医療版ADRは果たして機能するか

連載第63回
医療版ADRは果たして機能するか
2007. 6. 26

HDLA研究会
HDLA研究会とは、医事紛争に関して医療機関側の
代理人を務める弁護士で組織する会。
会員は約100人。各種勉強会を開催したり、
会員相互の情報交換を行っている。

------------

 連載の詳細は、リンクを参照してください。

 なかなか難しそうですね。

 困難だからといって、今のままで良いはずはないので、
議論し、問題点を克服して、よりよい制度を作っていって
欲しいと思います。

|

« 余命3年と言われたら? | トップページ | 久間防衛相が辞任 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/15591980

この記事へのトラックバック一覧です: 医療版ADRは果たして機能するか:

« 余命3年と言われたら? | トップページ | 久間防衛相が辞任 »