« ホッキョクグマを追い詰めたのは誰? | トップページ | 私が遭遇した「厚生年金制度」の摩訶不思議 »

2007年6月11日 (月)

論文300万件をGoogle検索対象に

 「見えなかった情報」を可視化
 NII、論文300万件をGoogle検索対象に

 国内論文約300万件が、Googleから検索できるようになった。
 Web検索だけで情報収集を完結してしまう人にとって
検索にひっかからない情報は存在しなかったも同然。
 検索対象に加えることで、論文をWeb上でも“可視化”する。
 2007年05月25日 12時52分 更新

 情報公開が進むのは良いことです。
 誰でも、簡単にアクセスできるようにすることが大事!

|

« ホッキョクグマを追い詰めたのは誰? | トップページ | 私が遭遇した「厚生年金制度」の摩訶不思議 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

ほんと、その通り!

投稿: orange sunrise | 2007年6月11日 (月) 23時38分

コメントありがとうございます。

願わくば、医療関係の情報を素人でも、
わかるような形式で公開してくれる
ところがあれば、良いのですが、
論文そのものは、理解不能、あるいは
間違って解釈する可能性大。

日本では、医療関係の情報は、医師でないと
見れない情報がほとんどです。
理由はなんとなく、わかりますが、
このままで良いのか?
すごく疑問を感じています。

患者として判断する為の情報不足です。
患者の責任と言われても、??
となる。
医師の言いなりとなりかねない。

投稿: haredasu | 2007年6月12日 (火) 08時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/15392250

この記事へのトラックバック一覧です: 論文300万件をGoogle検索対象に:

« ホッキョクグマを追い詰めたのは誰? | トップページ | 私が遭遇した「厚生年金制度」の摩訶不思議 »