« これからの現実 | トップページ | こころよく 我にはたらく仕事あれ »

2007年4月30日 (月)

初恋

まだあげ初めし前髪の
林檎のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛の
花ある君と思ひけり

やさしく白き手をのべて
林檎をわれにあたへしは
薄紅の秋の実に
人こひ初めしはじめなり

わがこゝろなきためいきの
その髪の毛にかかるとき
たのしき恋の盃を
君が情けに酌みしかな

林檎畑の樹の下に
おのづからなる細道は
誰が踏みそめしかたみぞと
問ひたまふこそこひしけれ

     島崎藤村

|

« これからの現実 | トップページ | こころよく 我にはたらく仕事あれ »

好きな詩」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初恋:

« これからの現実 | トップページ | こころよく 我にはたらく仕事あれ »