« 危機感 | トップページ | 私の病気に利点があるとすれば »

2007年4月30日 (月)

肯定するということ

 肯定することが、これで良いと思い切ることが、
スタートだということはわかっている。

 人は、状況の変化があると動揺する、特にそれが受け入れがたい
ものであればあるほど、動揺は大きい。

 でも何とか、自分の残された命を大切に生きたいと思い、
その動揺をやっとの思いで受け入れる。

 受け入れたと思う。

 でも、これは頭の上でのこと、実際に、自分の身に変化が

起こると、 理解していたはずなのに、また動揺すると思う。

 例えば、どうやっても歩けなくなった時に!

 でもやはり、自分の残された命を大切に生きたいと思い、
そのことを受け入れるのに懸命になる、そして、やっと受け入れる。

 でも、受け入れたと思ったら、又、変化がやって来る、
その繰返しではないだろうか?

 しかも、悪くなる一方なのだ。

 どうなっていくかのストーリーは頭に入れた。

 これで、良いはずなのに、これで、頭の上で肯定できたら、
良いはずなのに、

 頭でわかることと、実際とはやはり、キャップがあると思う。

|

« 危機感 | トップページ | 私の病気に利点があるとすれば »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肯定するということ:

« 危機感 | トップページ | 私の病気に利点があるとすれば »