« 患者 | トップページ | 聖書より(コリント人への第一の手紙 13章4節~7節) »

2007年4月30日 (月)

日本ホスピス・在宅ケア研究会から

問題は解決できるものであり、答えのあるものである。

それに対し、ただ受け入れるしかないものがある。

        「高木慶子シスターの言葉」

--------------------

 好むと、好まざるとに関わらず、
どんなに受け入れがたいものであっても、
受け入れるしかないものがあると思います。

 その時は、ただ、受け入れること。
 肯定することが、前進する唯一の手段
となると思います。
 勇気を持って受け入れるしかありません。

|

« 患者 | トップページ | 聖書より(コリント人への第一の手紙 13章4節~7節) »

医療関係者の言葉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本ホスピス・在宅ケア研究会から:

« 患者 | トップページ | 聖書より(コリント人への第一の手紙 13章4節~7節) »