« 他人と過去は変えられません | トップページ | 日本ホスピス・在宅ケア研究会から »

2007年4月30日 (月)

患者

「わずかであっても希望があれば患者は苦しみにたえることができる、

困難に堪えることができる、医師に協力することもできる。

その希望を持とうとしているのが患者である」

            日野原重明

-------------------------
 
 すばらしい先生ですね。

 そのとおりだと思います。

 患者にとって大切なのは、希望です。
希望があるから、協力もできるのです。

 患者から希望を奪うような発言は、
決してあってはならないと思います。

 こころない発言は、して欲しくないと
思います。

 患者の心を大切にしてください。

|

« 他人と過去は変えられません | トップページ | 日本ホスピス・在宅ケア研究会から »

医療関係者の言葉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 患者:

« 他人と過去は変えられません | トップページ | 日本ホスピス・在宅ケア研究会から »