« 行動しなければ | トップページ | 制限されないと »

2007年4月30日 (月)

信長方式

 何かを決める時の、そのやり方です。

 「信長方式」とは、簡単に言うと文句があるなら物申せ!
 というやり方らしい。

 文句のつけ方は、違うやり方を提案して、こうだから、
こちらの方が良いと、文句をつけるのです。

 普通、何かを決断する時は、賛成方式をとるのが、

一般的ですが、 これが良いということを、はっきり示すのは、

難しいことが多いのです。

 それで、この「信長方式」というのが、有効だということらしい。

 なんとなく、わかる気がします。

 単純に、批判するだけなら、出来ますが、理由をつけて、
しっかり反論するのは、なかなか、出来ないものです。
(政治家の議論は議論になっていない!)

 だから、このやり方は、有効かもしれません。

 ただ、気をつけなくてはいけないのは、その前提条件があると
いうことで、

 その前提条件とは、

 (1)「自分に自信がなく,お伺いや同意を求める姿勢を

   とってしまうと,自然に賛成方式となってしまう」


 (2)「高い質の企画・計画を追求する姿勢と責任を自身で

   負うつもりの覚悟が必要」

 (3)「自分自身に強い圧力を与え続ける事が基盤」

 ということです。

 心に留めておきましょう!

|

« 行動しなければ | トップページ | 制限されないと »

学んだこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信長方式:

« 行動しなければ | トップページ | 制限されないと »