« アサーション(assertion:心理学用語)その1 | トップページ | 手ぶれ補正 »

2007年4月30日 (月)

アサーション(assertion:心理学用語)その2

 人を動かしたい時は、文句をいうのではなく、

 やって欲しいと思うことと、その理由を言うことに
徹してください。

 だから、言う前に、何が自分の望みなのかをはっきり整理してから

言わないといけません。

 誰々はやっているのに、あなたは、と比較することも
いけません。

 けなすのもいけません。

 私はこう思うから、こうして欲しいというのが正解です。

 どう判断するかについては、相手にまかせるしかないのです。

|

« アサーション(assertion:心理学用語)その1 | トップページ | 手ぶれ補正 »

学んだこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アサーション(assertion:心理学用語)その2:

« アサーション(assertion:心理学用語)その1 | トップページ | 手ぶれ補正 »